サラリーマンは負け組でも脱出可能!最強会社員になる方法を解説

「サラリーマンは負け組だから、もうダメかも…でも、なんとか負け組を脱出したい!」という希望を叶えてみませんか?

日本のサラリーマンは安定した収入が得られる一方で、給料が上がっていません。頑張って働いても、給料が上がらないのは本当に辛いですよね。

そんな感じで「負け組」と言われることが多くなったサラリーマンですが、私は全く負け組とは思いません。むしろ、安定した収入があるので、比較的簡単に負け組から脱出できます。

この記事では、サラリーマンの方が収入源を複数確保する「最強サラリーマン」になれる理由とその方法を詳しく解説します。

「なんとかして、今の人生を変えたい!」と思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください!

【トラリピ運用歴】

トラリピ

真似だけで設定できるトラリピ
2019年に30万円から始めて、現在500万円以上運用
累計利益100万円突破

トラリピ公式サイトをチェックする

当ブログが考えるトラリピ初心者向け最強設定

トラリピの運用実績を公開中(クリックすると開きます)
2021年:402万円を運用、57万159円(スワップ−1万8,098円)の運用益

トラリピ運用実績2021年最新

2020年:305万円を運用、52万5,391円(スワップ−7万4,386円)の運用益

トラリピ運用実績2020年最新

2019年:137万円を運用、9万7,437円(スワップ−8,515円)の運用益

トラリピ運用実績2019年最新

サラリーマンは決して負け組ではありません

サラリーマンは決して負け組ではありません

サラリーマンは決して負け組ではありません。

その理由を1個ずつ見ていき、人生逆転の第一歩にしていただければと思います。

経営者やフリーランスが「勝ち組」だという幻想

経営者やフリーランスが「勝ち組」だと言われることが多くなってきました。

私自身フリーランスで、それなりの自由を確保できていますが、フリーランスの厳しい現実も知っています。

  • 月収50万円がいきなりゼロになる可能性がある
  • 体調不良で収入が減る
  • 勝ち組と負け組の差が大きい

フリーランスが持ち上げられることもありますが、不景気になった時に真っ先に仕事がなくなるのもフリーランスです。

2年〜3年上手くいっても、それから先にうまくいく保証はどこにもありません。

フリーランスは勝ち負けはっきり分かれる世界

フリーランスは勝ち組ではなく、勝ち負けがはっきり分かれる世界です。

プロ野球選手のようなもので、うまくいけば安定した収入を会社に行かずに得られます。うまく行かなければ、30代〜40代になって再就職です。

勝ち組になるかならないかは本人の努力と運次第となります。

勝ち組と負け組特徴
フリーランスの勝ち組稼げる金額も多い
会社員並みの収入を会社なしで得られる
休みがいつでも取れる
フリーランスの負け組会社員以上に辛い
収入がなく、自由は全くない
再就職しないといけない可能性

経営者も一緒で、自由になれればいいですが、そうならない可能性もあります。

フリーランスが勝ち組とは決して思いませんし、かなり両極端です。

サラリーマンの長所は行動さえすれば、逆転可能な位置にいること

サラリーマンの長所は全員が逆転する可能性があるという点です。

はっきり言いまして、サラリーマンは全員勝ち組に移行できます。多くの人はその方法を知らないだけです。

安定収入があるので、フリーランスより挑戦しやすいです。

【負け組を脱出する2つの収入源】

  • サラリーマンの安定収入
  • リスクを取ったサラリーマン以外の収入

リスクを取った収入がないのがサラリーマン。リスクを取った収入しかないのはフリーランスです。

サラリーマンの方はリスクを取って、労働以外の収入をゲットするだけで勝ち組に移行できます。

サラリーマンは最も負け組でも、脱出しやすい職業

サラリーマンは最も負け組でも、脱出しやすい職業

サラリーマンの場合は負け組でも脱出できます。

悲観する必要は全くありませんので、希望を持ちつつ人生を変えていきましょう。

安定した収入は負け組脱出の起爆装置

安定した収入は負け組脱出の起爆装置です。

フリーランスは目先の収入が不安定なので、目の前の作業を必死にこなしていかないといけません。

目先の作業をこなさずに、生活が成り立つフリーランスはそこまで多くありません。しかし、サラリーマンは少し仕事中にサボっても、収入が続く可能性が高いです。

  1. 安定した収入がある
  2. 生活基盤を生かして、リスクのある投資などの収入源に小さく挑戦する
  3. 失敗しても収入があるし、成功すれば勝ち組に移行できる

フリーランスはそもそもの収入がリスクの大きい成果報酬型なので、投資収入に挑戦するとリスクの上塗りになってしまいます。

投資に挑戦した瞬間に、フリーランスでの収入も減ってしまう可能性があるわけですね。

一方、サラリーマンは1ヶ月後に収入が減ってしまう可能性がフリーランスよりも圧倒的に低いです。よって、リスクがある収入源に挑戦しやすいと言えます。

経営者が勝ちという論調は8割間違い

経営者が私と言う論調が8割間違いです。稼げてない経営者もいますし、会社をつぶしてしまう経営者もかなり多くいます。

もちろん、成功した経営者は勝ち組ですが、サラリーマンでも十分勝ち組を目指せるので、安定した勝ち組を目指すならサラリーマンの方がいいと言えるでしょう。

  • 経営者の勝ち組:大勝ちできる可能性もあるが、大負けの可能性もある
  • サラリーマンの勝ち組:大勝ちは難しいが、勝ち組には移行できる

フリーランスを経験してわかったことは「サラリーマンは負け組」ではないということ。

「サラリーマンが負け組」という記事は転職サイトの記事などに多く、転職サイトへの申し込みを狙ったものが多めです。

フリーランスになってわかった現実

フリーランスは稼げれば、人生勝ち組になれます。これは間違いありません。

でも、これが全てではないんですね。フリーランスが全員勝ち組になっているわけではなく、「フリーランス報酬未払いの実態」などというニュースが飛び交っています。

個人的に思う序列は下記です。

  1. 勝ち組:成功したフリーランス・経営者
  2. やや勝ち組:収入的に満足できているサラリーマン
  3. やや負け組:サラリーマンで現状に不満(金銭面も含めて)
  4. 完全な負け組:失敗したフリーランス、経営者、フリーターなど

フリーランスとして成功するのは全体の2割ぐらいしかいないんじゃないでしょうか?正確な数値は分かりませんが、成功確率はそんなに高くありません。

となれば、やや負け組からやや勝ち組に移動するのが最も簡単です。

負け組サラリーマンは「やや勝ち組」を目指そう!

負け組サラリーマンは「やや勝ち組」を目指そう!

負け組の人が目指すのはやや勝ち組です。

勝ち組になるのは難しいですが、やや勝ち組になるのは比較的簡単です。サラリーマンのみなさんなら、基本誰でも達成できます。

やや勝ち組はお金と時間の自由がある程度ある状態

やや勝ち組は「平均以上の収入」と「時間の自由がある」状態です。

大金持ちではありませんが、そこそこの時間とそこそこの時間がある状態を作れます。

  • 年収700万円〜1000万円程度で、週5回の労働
  • 会社を辞めても大丈夫ぐらいの収入(ただ、サラリーマンは続けている)
  • バイトで月10万円稼げば、セミリタイアも可能(投資収入20万円程度)

「やや勝ち組」の完全な定義はありませんが、時間とお金に余裕があって、メンタル的に安定している状態を指します。

サラリーマンなら誰でも「やや勝ち組」目指せる

安定収入があるサラリーマンなら誰でもやや勝ち組が目指せます。

フリーランスの場合は収入が安定せず、「やや勝ち組」を目指すことができないかもしれませんが、サラリーマンなら大丈夫です。

大勝ちたい場合はサラリーマンを辞めたりしなければなりませんが、ある程度収入があって、自由な時間がある状態を目指すなら今のままでオッケーです。

<やや勝ち組を目指すために下記は必要なし>

  • 転職する必要なし
  • サラリーマンを辞める必要なし

記事の後半ではやや勝ち組を目指すやり方を紹介しますが、転職したい方は転職しても構いません。転職してもしなくても、「やや勝ち組」を目指す手段があるというのがサラリーマンの1番良いところです。

目指す方法が複数あるのが「やや勝ち組」のよさ

「勝ち組」になるには、すぐにサラリーマンを辞めて、経営者にならないといけません。成功すればいいですが、失敗すればあなたは「完全な負け組」になります。

結構怖いですよね。そこまでの決断をするのは難しいでしょう。

「やや勝ち組」はサラリーマンのままでもOKです。もちろんサラリーマンを辞めてもOKですが、現状のまま少し時間の使い方を変えるだけで目指せるのが「やや勝ち組」のよさ。

いろんなやり方があります。

では、ここからは負け組サラリーマンが「やや勝ち組」を目指す方法を紹介します。本気で人生を変えたい方はぜひチャレンジしてみてください。

負け組サラリーマン「やや勝ち組」サラリーマンを目指す方法

負け組サラリーマン「やや勝ち組」サラリーマンを目指す方法

私自身「勝ち組にいなる方法」は知りません。何億も稼ぐような経営者ではないですから汗。

ただ、平均収入以上に稼ぎ出して、ある程度自由に生きる「やや勝ち組」になる方法は知っています。その方法をここからはお伝えします。

毎月決済益が出る投資に挑戦する

投資にもいろんな種類がありますが、「つみたてNISA」や「iDeCo」ではやや勝ち組に移行できません。

老後の生活は安泰に近づきますが、今の生活は積立金額が増えるだけで苦しくなるんですよね。毎月使えるお金は少なくなります。

やや勝ち組にするには今のお金を増やさないといけないので、「配当金」のような数ヶ月に1回〜1年に1回程度入る収入を持っておかないといけません。

【やや勝ち組になる条件】

  • 運用益を少しでも出す
  • 不労所得を得る

「投資はマイナスがあるから嫌」という意見がありますが、「勝ち組」「やや勝ち組」の人は投資をやっている人がそれなりにいます。

今の人生を少しずつ変えていきたいなら、投資を少しずつ勉強して始めていかないといけません。稼ぐ稼がないではなく、知識と経験がまず必要です。

私はこのブログでトラリピという投資を発信していますが、この投資を運用している理由は毎月決済されるから。

具体的にどんな投資か知りたいという方は別記事も用意してますので、「やや勝ち組に移行したいなぁ…」と思う人は一度見てみてください。

副業に挑戦する

副業に挑戦するのも1つの方法です。

ただ、副業禁止の会社もあるかと思うので、その場合は投資優先になります。(こっそりやるのもありですが)

副業にもいろんなものがありますが、最短で収入を目指すならライターがおすすめです。

  1. WordPressを開設する(必須)
  2. ライティングの練習を1ヶ月程度する
  3. 案件に申し込む

この手順ライター案件を獲得していきます。

残業時間や無駄な飲み会への参加を減らす

残業時間を減らすと収入が落ちるかもしれませんが、一時的には仕方がありません。

その分だけ新しい勉強をして、新しい世界に踏み出さなければ、今の生活がずっと続きます。まず真っ先にやらないといけないのは「時間の捻出」です。

飲み会を断るのはしんどいですが、「FXで大損した」「仮想通貨で大損した」という言葉を使って逃げ切るという手を使った人がいました。

【大損アピールで起こったこと(知り合い)】

  • 大損を理由に飲み会を断れる
  • 行くことになっても、奢ってもらえる可能性が高い

かなりいいらしいです。嘘をつくのが嫌な人じゃなければ、いい手段かもしれません。いずれにしても、時間を作らないといけないので、なんとかして飲み会への参加を減らしましょう。

私自身は会社員経験がなく、ずっとフリーターだったので、飲み会とか残業はありませんでした。時間を捻出して、投資家副業化を勉強して、なんとか「やや勝ち組サラリーマン」になりましょう!

まとめ:サラリーマンは負け組ではない!やや勝ち組へまずは移動が先決

まとめ:サラリーマンは負け組ではない!やや勝ち組へまずは移動が先決

サラリーマンは負け組だという意見がネットでも見られますが、全然負け組ではありません。

ただ、お金が少ないとか時間の自由がないという人も多いかと思います。

そんな人はまず「やや勝ち組」へ移動しましょう。

【やや勝ち組への移動手順】

① リスクのある収入源に挑戦する意思を持つ
② 投資や副業を始めてみる(時間とお金を両立するなら投資)
③ 勇気さえあれば、やや勝ち組は誰でも目指せる

私は毎月決済益を出してくれるトラリピという運用を通じて、毎月5万円〜10万円程度の不労所得を得ています。運用実績

2019年から運用していて、運用実績も出してますので、気になる方は一度チェックしてみてください。

やや勝ち組へ移行する第一歩になるかもしれませんよ!

トラリピの始め方

当ブログでは30万円プランで開始し、トラリピの善し悪しを判断していただいた上で、運用額を増やす戦略を推奨しています。

↓トラリピ口座開設はこちらから↓

運営者たけへの質問はこちらから(メールアドレスを必ず入力ください。返信できなくなってしまいます涙)