トラリピで退職を目指す「トラリピで会社辞めてやるプラン」の設定公開(1700万円運用)

「早く会社を辞めたいから、運用益を出したい・・・」
「トラリピの運用益が月20万円ぐらい欲しい」
「もっと高額でトラリピを運用したい」

そんなあなたの悩みを解決する「トラリピで会社辞めてやるプラン」を用意しました。

この記事を読めば、年間200万円〜300万円の運用益が狙えます。

また、考え方を応用すれば、さらに大きな運用益を狙える設定です。

このように言える理由は、2019年から公式サイトの戦略が使いやすいからで、誰でも簡単に注文できます。

トラリピ世界戦略バックテスト公式サイトの戦略でも達成可能

※ バックテスト期間:2017年1月2日〜2022年4月29日

ただ、運用は1700万円ほど必要なので、その運用額に満たない場合は仮想通貨などハイリスク・ハイリターン投資も考慮しなければなりません。

記事前半では、トラリピ会社辞めてやるプランの設定について、記事後半では設定の注意事項を載せてますので、じっくり読んでみてくださいね。

※ 1700万円用意できない方に仮想通貨戦略を別ブログで紹介しています。ハイリスク・ハイリターンですが、資産数倍を狙う投資です。気になる方は一度チェックしてみてください。

【トラリピの概要と運用歴】

トラリピ

2019年トラリピ運用開始。
元フリーターながら、現在500万円台の運用。
10月10日、元東京ヤクルト宮本慎也氏参加のYouTube Liveセミナー参加予定

トラリピの始め方完全版【動画付】

※ 2022年11月30日まで期間限定レポートが受け取れます(好評につき期間延長)

トラリピで稼いだ実績を公開中!
2021年:402万円を運用、57万159円(スワップ−1万8,098円)の運用益

トラリピ運用実績2021年最新

2020年:305万円を運用、52万5,391円(スワップ−7万4,386円)の運用益

トラリピ運用実績2020年最新

2019年:137万円を運用、9万7,437円(スワップ−8,515円)の運用益

トラリピ運用実績2019年最新

【追記】トラリピで会社辞めてやるプラン世界戦略版の設定(2022年8月〜)

【追記】トラリピで会社辞めてやるプラン世界戦略版の設定(2022年8月〜)

トラリピ会社辞めてやるプランは新しい通貨ペアの誕生で、2022年8月にリニューアルしました。

その概要をここからは解説します。

2022年公式から誕生した世界戦略を活用

トラリピ世界戦略バックテスト公式サイトの戦略でも達成可能

「トラリピ世界戦略」は運用資金300万円でワンセットの公式サイトが発表している戦略です。

2017年1月2日〜2022年4月29日のバックテストで損益は約313万円となっています。

運用益は年間60万円ほどなので、3セット運用すると年間180万円になる計算です。

ただ、世界戦略は3通貨のみで、若干偏りが出るので、その点を考慮して設定を作りました。

世界戦略に加ドル/円を追加した1,700万円想定

会社辞めてやるプランの必要資金は下記です。

  • 世界戦略:900万円(300万円×3セット)
  • 世界戦略のドルカナダ:100万円(1セット)
  • 世界戦略のユーロポンド:100万円(1セット)
  • 加ドル円:300万円
  • 余剰資金:300万円

これで年間200万円〜250万円前後を目指します。

利回りを上げる場合は余剰資金を減らすか、世界戦略の割合を増やしますが、金額が大きいので、リスクを取りすぎるのはおすすめしません。

ちなみに、加ドル/円を追加した理由は、対円通貨ペアで安定感があるからです。

戦略通貨ペア
世界戦略ドルカナダ
ユーロポンド
豪ドル/NZドル
→対円通貨ペアがない
会社辞めてやるプラン世界戦略に、加ドル円を追加
→対円通貨追加で、安定感

世界戦略は投資資金に応じて、セット数を変えられます。

投資資金が1,700万円に満たない場合は、世界戦略を3セットにするなどの方法もあるので、微調整してみてください。

運用金額設定
1700万円運用
(運用益250万円前後狙い)
世界戦略:900万円(300万円×3セット)
世界戦略のドルカナダ:100万円(1セット)
世界戦略のユーロポンド:100万円(1セット)
加ドル円:300万円
余剰資金:300万円
2000万円運用
(運用益300万円前後狙い)
世界戦略:1,200万円(300万円×4セット)
世界戦略のドルカナダ:100万円(1セット)
世界戦略のユーロポンド:100万円(1セット)
加ドル円:300万円
余剰資金:300万円

運用益は為替状況に左右され、狙い通りの運用益が出ない可能性もございます。

会社辞めてやるプランの設定方法

世界戦略の設定方法は動画にしました。

動画を見ていただければわかりますが、設定はとても簡単です。

もう一度発注を確認しましょう。

<会社辞めてやるプランの発注>

世界戦略動画の内容を3セット発注
ドルカナダ、ユーロポンドをそれぞれ1セット発注
加ドル円の設定買:73~93(201本)
売:93~113(201本)
必要資金:約260万円
余剰資金:約40万円

トラリピの発注は1回につき100本までしかできないので、複数に分けて注文します。

【注文は買い発注2つ、売り発注2つ】

加ドル円会社辞めてやるプラン
加ドル円会社辞めてやるプラン
加ドル円会社辞めてやるプラン
加ドル円会社辞めてやるプラン

為替の変動によって、収入は若干上下動しますが、会社が辞められるぐらいの決済益が狙えます。

世界戦略の詳しい内容は口座開設後に閲覧できるので、チェックしたい方は口座開設してみてくださいね。

コツコツ利益が確定する不労所得トラリピ
口座開設で「利益追求型スタートダッシュ戦略」配布中

2022年9月30日まで下記から口座開設でゲット

【手順通りにやればOK】トラリピの始め方完全版

旧「トラリピで会社辞めてやるプラン」設定詳細〜2022年7月まで〜

「トラリピで会社辞めてやるプラン」設定詳細(月収20万円想定)

3つの設定と書いてますが、基本的な設定は同じです。

入金額が違うだけで、リスク面を操作しています。

1800万円を「リスクだいぶ抑えめ」と表現していますが、リスクだいぶ抑えめでもロスカットする可能性はありますので、十分ご注意ください。

運用金額は1000万円、1500万円、1800万円

設定自体は変わらず、運用金額が変わります。

  • 1000万円:リスクかなり大きめ(非推奨)
  • 1500万円:リスク普通
  • 1800万円:リスク抑えめ(ただ、リーマンショック級が来ると、ロスカットの可能性)

ロスカットの可能性を0にはできませんが、リーマンショック級が来てもロスカットしないためには2000万円以上入金してください。

ただ、そのような局面は滅多に来ないので、上記の金額での設定としました。

1800万円で1年〜1年半ほど運用すれば、運用金額2000万円は超えるので、リーマンショック同等でも耐えられるようになります。

できる限り早く運用金額2000万円を達成する

どのプランでもまず目指すは2000万円です。

2000万円あると、ロスカットの確率はだいぶ減らせます。

  1. 追加資金の投入
  2. 運用益

この2つで、運用資金2000万円を目指しましょう。

特に、1000万円で運用する人はリスクがそれなりにあるので、追加資金の投入を怠らないようにしてくださいね!

2000万円を超えた分は毎月出金してもいいですし、トラリピ口座に残したままでも構いません。

会社辞めてやるプランの設定

設定を表にまとめました。

画像が分かりやすいので、画像を見ながら設定してみてください。

通貨ペア設定
豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
買:1.00~1.15(151本)
売:1.15~1.30(151本)
最大必要資金:134万円
加ドル/円
(CAD/JPY)
買:73~93(201本)
売:93~113(201本)
最大必要資金:260万円
NZドル/円
(NZD/JPY)
買:50~70(201本)
売:70~90(201本)
最大必要資金:241万円
ユーロ/円
(EUR/JPY)
買:100~125(251本)
売:125~150(251本)
最大必要資金:414万円
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
買:0.55~0.70(151本)
売:0.70~0.85(151本)
最大必要資金:159万円
ドル/円
(USD/JPY)
※ ドルカナダに設定変更予定。今は設定しないでください
(2022年6月追記)
買:85.000~108.000
売:108.200~131.000
最大必要資金:394万円
豪ドル/円
(AUD/JPY)
買:60~83(231本)
売:83~106(231本)
最大必要資金:321万円

トラップ本数は101本までしか設定できないので、注文を分散します(下記画像で解説)

スクショの枚数分だけ注文してください。

【豪ドル/NZドル(AUD/NZD)】

買い発注2つ、売り発注2つです。

豪ドルNZドル会社辞めてやるプラン
豪ドルNZドル会社辞めてやるプラン
豪ドルNZドル会社辞めてやるプラン
豪ドルNZドル会社辞めてやるプラン
【加ドル/円(CAD/JPY)】

買い発注2つ、売り発注2つです。

加ドル円会社辞めてやるプラン
加ドル円会社辞めてやるプラン
加ドル円会社辞めてやるプラン
加ドル円会社辞めてやるプラン
【NZドル/円(NZD/JPY)】

買い発注2つ、売り発注2つです。

NZドル円会社辞めてやるプラン
NZドル円会社辞めてやるプラン
NZドル円会社辞めてやるプラン
NZドル円会社辞めてやるプラン
【ユーロ/円(EUR/JPY)】

買い発注3つ、売り発注3つです。

ユーロ円会社辞めてやるプラン
ユーロ円会社辞めてやるプラン
ユーロ円会社辞めてやるプラン
ユーロ円会社辞めてやるプラン
ユーロ円会社辞めてやるプラン
ユーロ円会社辞めてやるプラン
【NZドル/米ドル(NZD/USD)】

買い発注2つ、売り発注2つです。

NZドル米ドル会社辞めてやるプラン
NZドル米ドル会社辞めてやるプラン

NZドル米ドル会社辞めてやるプラン
NZドル米ドル会社辞めてやるプラン
【ドル/円(USD/JPY)】(ドルカナダに設定変更予定・現状は設定しないでください)

買い発注3つ、売り発注3つです。

米ドル円会社辞めてやる2000万円プラン
米ドル円会社辞めてやる2000万円プラン
米ドル円会社辞めてやる2000万円プラン
米ドル円会社辞めてやる2000万円プラン
米ドル円会社辞めてやる2000万円プラン
米ドル円会社辞めてやる2000万円プラン

【豪ドル/円(AUD/JPY)】

買い発注3つ、売り発注3つです。

豪ドル円会社辞めてやるプラン
豪ドル円会社辞めてやるプラン
豪ドル円会社辞めてやるプラン
豪ドル円会社辞めてやるプラン
豪ドル円会社辞めてやるプラン
豪ドル円会社辞めてやるプラン

コツコツ利益が確定する不労所得トラリピ
口座開設で「利益追求型スタートダッシュ戦略」配布中

2022年9月30日まで下記から口座開設でゲット

【手順通りにやればOK】トラリピの始め方完全版

トラリピ会社辞めてやるプランより運用益を増やしたい時の注意事項

トラリピ会社辞めてやるプランより運用益を増やしたい時の注意事項

当ブログでは、トラリピでの運用益を「会社辞めてやるプラン」以上にするのは推奨していません。

その理由は1つの投資に資金が偏り過ぎてしまうからです。

会社辞めてやるプランを運用した後は、トラリピ以外の投資を検討してみてください。

  • 投資信託に配分
  • 個別株に配分
  • 仮想通貨に配分

2,000万円近くの資金を運用するため、ロスカット額が大きくなります。

会社辞めてやるプランを設定したら、運用益を別の投資に回すなどして、リスク管理しましょう。

・仮想通貨:全資産の5%程度。リスクを取っても、資産を拡大したい人向け
・インデックスファンド:トラリピの運用益を基本的にはインデックスファンドへ回します
・株価指数CFD:株でリターンを大きく取りたい人向け。全資産の5~10%ほど
・個別株:適宜。

まとめ:トラリピで会社を辞めてやるプランでリタイアが見える

まとめ:トラリピで会社を辞めてやるプランでリタイアが見える

「トラリピで会社辞めてやるプラン」は、年間250万円前後の運用益を狙うプランです。

この戦略を応用すれば、もう少し大きい運用益を狙うこともできます。

公式サイトの戦略を中心に運用しているので、問い合わせやすい点もメリットです。

この記事で紹介した「トラリピ会社辞めてやるプラン」を、最後にもう一度まとめました。

  • 世界戦略誕生で、発注が簡単になった
  • 運用資金は1,700万円を想定
  • さらに運用額を増やす場合は他の投資も検討

トラリピにはたくさんの考え方があり、運用金額30万円程度のプランから運用金額2,000万円近く必要になるプランもあります。

リタイアを目指したい方はこのプランを選択肢の1つとして考えてみてくださいね。

コツコツ利益が確定する不労所得トラリピ
口座開設で「利益追求型スタートダッシュ戦略」配布中

2022年9月30日まで下記から口座開設でゲット

【手順通りにやればOK】トラリピの始め方完全版

トラリピの始め方

当ブログでは30万円プランで開始し、トラリピの善し悪しを判断していただいた上で、運用額を増やす戦略を推奨しています。

↓トラリピ口座開設はこちらから↓

運営者たけへの質問はこちらから(メールアドレスを必ず入力ください。返信できなくなってしまいます涙)
スタートダッシュ戦略を期間限定公開
スタートダッシュ戦略を期間限定公開