トラリピと仮想通貨はFIREするならどっちがいい?両者併用で弱点カバー戦略

 
たけ
早くFIREして自由な生活を手に入れるぞ〜

そんなあなたに向けて、この記事ではトラリピと仮想通貨、FIREするにはどっちがいいのかを検証します。

個人個人で許容できるリスクなどに差があるのは確かですが、両方運用している私がFIREに近づく方法をトレードができない初心者の方向けに分析しました。(上級者の方はつまらないです。多分)

どんな場面で投資を始めるかによって、やることは違ってきます。

【この記事でわかること】

  • FIREのためにはトラリピと仮想通貨どっちをやればいいのか?
  • 仮想通貨とトラリピの前提
  • 仮想通貨とトラリピを両立する理由

なお、どちらを始めるにしても、最初は少額でお試し運用をした方がいいです。

いきなり大金を突っ込むと想定外の事態に対応できません。

投資の目的をしっかり理解して、FIREへ向けて一歩ずつ進んでいきましょう。

【ブログ運営者(@takeuchigoro)のプロフィール】

2019年30万円で運用開始。
毎週の運用益を
トラリピ運用益の週次報告で公開中。
現状毎月5万円〜10万円程度の運用益

トラリピ初心者の方々向けのブログです。

運用に興味がある方はブックマークしてもらえると嬉しいです!

運用メリットやシステムはトラリピ公式サイトで確認できます。

トラリピと仮想通貨でFIRE目指すなら仮想通貨!〜でも、両立が大事〜

トラリピと仮想通貨でFIRE目指すなら仮想通貨!〜でも、両立が大事〜

値上がりへの期待という点では仮想通貨に分があります。

FIREを目指すなら仮想通貨は大きな選択肢ですが、闇雲に投資しても損して終わってしまうでしょう。(かつての私のように…)

大事なのは両者の特徴を把握した上での「両立」です。

【前提】トラリピも仮想通貨もハイリスク・ハイリターン投資

前提として、トラリピと仮想通貨は両方ともハイリスク・ハイリターン投資です。

特に、仮想通貨は資産が数倍〜10倍以上に増えることもある反面、70%~80%減になることもあります。

  • トラリピ:仮想通貨下落局面で真価発揮
  • 仮想通貨:急上昇を狙える。下落も激しい。

より大きく運用益を狙う場合は仮想通貨をメインにして、年利10~15%狙いの投資をトラリピでやるイメージです。

どちらもハイリスク・ハイリターン投資ですが、FIREするとなると何かしらで勝負しないといけません。

一般的な運用では年利数%になってしまいますから、老後資産は増えてもFIREは難しいんです。

仮想通貨とトラリピの両立は超重要

仮想通貨には大きな下落局面がありますし、トラリピにはあまり決済がない期間があります。

どちらも「冴えない期間」が出てきてしまうんですね。

仮想通貨が下落している時にトラリピを始めてなかったら、ただただ資産が減るのを眺めていくだけになります。

個人的にはビットコインが将来的に1000万円を超えて、さらにスケールアップすると思っていますが、そこに至るまでの道のりは苦難の連続です。

【仮想通貨苦難の道】

  1. 急上昇する
  2. 調子に乗ってしまう
  3. 大暴落する
  4. 落ち込む
  5. 気づいたらまた上がって、最高値更新

この流れに何回も耐えないといけません。

話を聞いてるだけならなんとも思わないですが、実際に投資してみると大変さが痛いほどわかります。

メンタル的な打撃を少しでも和らげるためにも、両立しましょう。

仮想通貨下落局面のトラリピ

仮想通貨は良くも悪くも値動きが激しいです。

上昇する時は一気に上昇しますが、下落する時も一気に下落します。

そんな下落局面でトラリピが威力を発揮します。

  • トラリピ:仮想通貨下落局面で光る(仮想通貨急上昇時に投資)
  • 仮想通貨:値上がり時に光る(仮想通貨下落時に投資)

仮想通貨は長期的な上昇を取っていかないといけないので、下落局面で買っていきます。

しかし、下落時に買うのは勇気がいりますし、買ってから下落していくことも多いです。

メンタル的にしんどい時にサポートになってくれるのがトラリピや仮想通貨以外の資産。

一点集中は怖いので、常に資産の分散は心がけるようにしましょう。

 
たけ
仮想通貨が目減りしている時に、トラリピが着々と決済。これが理想!

インデックス投資(楽天VTIなど)でFIREが難しい理由

インデックス投資(楽天VTIなど)でFIREが難しい理由

インデックス投資は最近注目されていますし、長期的にはやっておきたい運用です。

ただ、インデックス投資でFIREは難しいです。

1000万円を運用したとすると、年利5%で年間50万円。

これを続けていけば、だんだん資産が増えていきますが、基本的には老後資産用です。

今の生活はそこまで変わらないんですよね。

そこがインデックス投資の弱点です。

年収が高く、入金力がある人は人生変えられます。

でも、多くの人はFIREなんて夢のまた夢です。

将来に向けて堅実に投資していきたい場合はインデックス投資がいいですが、FIREを考える場合はどこかリスクを負って勝負する必要があります。

 
たけ
インデックス投資は悪くない。でも、FIREは難しい。FIREするにはどこかで勝負しないといけないよ!

トラリピより仮想通貨を中心にした方がいい人

トラリピより仮想通貨を中心にした方がいい人

トラリピより仮想通貨メインがいい人は次のような人です。

  • 仮想通貨の下落局面で投資を始める人
  • より早く資産を増やしたい人
  • 仮想通貨積み立てができる人

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

仮想通貨下落局面で投資を始める人

仮想通貨の下落局面で投資を始める人は仮想通貨中心がいいです。

というのも、単純に下落時に買った方が上昇した時に得られる利益が大きくなります。

一番危ないのは急激な上昇の後の暴落。

下落局面で買えれば、大きな下落を避けることができます。

【下落は仮想通貨中心でスタートがいい理由】

  • 値下がり後の大きな上昇を取れる
  • 大幅な下落を回避できる
  • トラリピよりも運用益が取りやすい局面

この記事にもチャートはありますので、下落傾向か上昇傾向か見てみてくださいね。

より早く資産を増やしたい人

仮想通貨は2022年現在で最も早く資産が増える可能性がある投資となります。

イーサリアムは2020年から2021年にかけて、10倍以上になったコインです。

もっとマイナーなコインだと100倍以上になったものもあります。

【100倍以上になったコイン】

  • SOL
  • AXS

※ その他にもあります

100倍以上を狙うのは流石にかなり難しいですが、今後数年で5倍〜10倍なんてこともあり得るのが仮想通貨の世界です。

値上がりが大きいということは値下がりのリスクも大きいわけですが、早く資産を増やしたい場合は仮想通貨がいいでしょう。

全額仮想通貨に突っ込むのではなく、あくまで「仮想通貨中心」ということを忘れないでくださいね!

仮想通貨積立ができる人

コインチェックは仮想通貨つみたて機能があります。

手動で積み立てた方が手数料的には安くできるんですが、手間がかかりますし、下落時に積み立てるのは強いメンタルが必要です。

週足チャートでもこれだけの値動きがあります(50%以上の暴落もあります)

770万円から400万円へ下落汗汗(2021年11月〜2022年1月)

そんな時でも自動積み立てなら、淡々と買えます。

具体的なやり方については投資メインブログの記事で解説してますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

仮想通貨よりトラリピを中心にした方がいい人

仮想通貨よりトラリピを中心にした方がいい人

仮想通貨よりもトラリピをメインにした方がいい人は次のような人です。

  • 仮想通貨が1ヶ月で30%以上上昇した局面で始める場合
  • 投資用の資金が1000万円以上ある場合

仮想通貨が1ヶ月で30%以上上昇した局面で始める場合

仮想通貨が上昇している局面で、投資を始める人はトラリピ中心にスタートした方がいいでしょう。

何度も書きますが、上昇の後には下落が待っているのが仮想通貨です。

上昇に永遠はないのです(名言)

1ヶ月で30%以上の上昇はあくまで目安ですが、上がり始める前に投資するのが投資の鉄則。

急上昇の波に乗り遅れた場合はそのまま諦めた方が多くの人にとっていい結果になるでしょう。

下がった時に買って、上がった時に売るのです。

投資用の資金が1000万円以上ある場合

投資用の資金が1000万円以上ある場合はトラリピ中心がいいでしょう。

トラリピのメリットは細かく決済される点です。

毎月数万円〜数十万円の決済を繰り返してくれる点に魅力があり、小さな運用益をコツコツ増やしてくれます。

仮想通貨はいつ運用益が出るかわかりません。

トラリピの場合は上記の動画のように、コツコツ利益を積み重ねてくれます。

当ブログではトラリピの始め方をいろんな記事で解説しており、下記記事が始める時の参考になります。

口座開設無料!

仮想通貨が下がったら仮想通貨、大きく上がったらトラリピへ

仮想通貨が下がったら仮想通貨、大きく上がったらトラリピへ

「仮想通貨が下がったら仮想通貨、大きく上がったらトラリピへ」の逆をする人がとても多いです。

仮想通貨が上がったら「このまま億り人!!」のような言葉が飛び出すんですが、上昇と下落は繰り返すので、大きな上昇の後には下落が待っています。

なので、仮想通貨は下がった時が買いです。

  1. 仮想通貨が下がる(25%以上)
  2. 仮想通貨を買う
  3. 仮想通貨が上がる
  4. 仮想通貨を売って、トラリピを増やす
  5. 仮想通貨が下がる

仮想通貨を買うのは最低でも高値から25%は下がってからがいいでしょう。

50%以上下がることもあるので、25%下がったところで買っても損失が膨らむケースがあります。

でも、てっぺんで買うよりは全然マシです。

最後はトラリピと仮想通貨以外の投資へ移動する

最後はトラリピと仮想通貨以外の投資へ移動する

最終的にはインデックス投資やアメリカの高配当利回り銘柄への投資などにシフトしていきます。

トラリピや仮想通貨はハイリスク・ハイリターン向けなので、その運用益だけでFIREは危険です。

【FIREへの手順】

  1. 仮想通貨やトラリピで運用益を大きく得る
  2. その運用益をインデックス投資などへ回る
  3. だんだんリスクを減らして、生活できたらFIRE達成

トラリピや仮想通貨への資産をだんだん減らしていくことが大事です。

仮想通貨で儲かったからといって、「もっと儲けるぞ!」と思うのが一番やってはいけないこと。

トラリピや仮想通貨で一定程度稼いだら、だんだんリスクを減らしていきましょう。

まとめ:トラリピと仮想通貨は両立!FIREなら下落時に仮想通貨仕込む

まとめ:トラリピと仮想通貨は両立!FIREなら下落時に仮想通貨仕込む

仮想通貨の値動きはメンタルにダメージを与えるので、私は積立を中心にしています。

7割型積み立てで、残りは自力で売買です。

初心者の人が的確に売買するのは難しいので、数年単位で積み立てていくのがいいでしょう(YouTuberのとおりにトレードしても負けるので注意)

トラリピと仮想通貨について最後にまとめました↓↓

  • 仮想通貨下落局面では仮想通貨積み立てが優先
  • 仮想通貨が上昇した局面ではトラリピが優先
  • 基本的には両立しておく(リスク分散)

ハイリスク・ハイリターンな投資ではありますが、その分FIREに近づくのも早いです。

大損してしまったはいけないので、投資を始める際は必ず下記記事を確認してから始めてください。

投資で大事なのは儲けることよりも、大損で退場しないことです!